「妊婦に絡む人」対策で派手になる陰キャ(私):ファッションウィッグ編

前回のあらすじ

ネットでよく報告されている「妊婦に絡むやべぇ人」に絶対に絡まれたくないと思った私。

見た目を派手にすると絡まれにくいという情報を得て派手なメイクに挑戦するも、近視用のボストン眼鏡が顔全体の印象をソフトにしてしまい、いまいち「派手で強そう」といった感じにならないのであった──

 

床野田レーカ

 

togetter.com

 

前回も紹介したこちらの記事ですが、どちらかというとメイクよりも髪色・髪型のほうにフィーチャーした内容なんですよね。

それなのに私が(ヘアスタイルは変えずに)まず「よし!メイクを変えよう!」と思ったのは、やっぱり急に派手髪にするのは陰キャとして抵抗があったからです。

 

さて唐突な話題転換をしますが、20年くらい前にスクエニ(エニックス)の雑誌で連載されていた『ハイパーレストラン』というマンガがあります。

(公式サイトがあればリンクを貼りたいところなのですが、電子化等されておらずサイトも無いようです。)

世界のレストランを救うために旅をする勇者とウエイトレスが主人公のギャグマンガなのですが、敵キャラとして“床野田レーカ”という女性が登場するんですよね。

まったく整えられていない髪に生気の無い顔、存在感が無くていつも店員に気付いてもらえなかったためレストランという存在を恨んでいる……という設定のキャラです。

 

そんなレーカちゃんですが、物語中盤、地味な自分を変えようと一念発起します。

金髪に染めて眉毛を全部剃って描き、派手なメイクと服装で再登場したその姿は、読者である全国の少年少女を驚かせました(たぶん)。

しかし彼女はある葛藤を抱えていました。

「派手な見た目にしたおかげで、レストランで店員に気付いてもらえないことはなくなった。しかしこんなの私らしくない。地味でも前の姿のほうが自分らしかった(意訳)」

ギャグマンガなのでこの後彼女はとんでもない行動に出るのですが、それはまぁ置いておいて。

 

何が言いたいかというと「そ の 気 持 ち わ か る」

今私が考えているのがまさにこういうことで、派手髪にすることはやべぇ人に絡まれないうえでは効果的かも知れないけれど、果たしてそれは自分らしいのか、無理をすることにならないか、気持ちよく過ごせるか……。

 

うん、これが伝えたいがために20年前のマンガの話を延々しました。

『ハイパーレストラン』は名作だと思うので、既に絶版のようですがもし中古等で見かけることがあればぜひ読んでみてください。

 

ファッションウィッグ

自衛のために派手になりたい。でも陰キャらしくいたい日もある。

考えた結果「ウィッグだったら着脱可能でその日の予定に合わせて髪型や髪色を変更できるのでは?」という結論に至りました。

他に、「結べば隠せるようにインナーカラーを入れる」とか「シャンプーで落とせる1DAYタイプのヘアカラーを使う」等の方法も考えたのですが、前者については「今後出産や育児がある中、キレイな色のバランスを維持できる頻度で美容院に行けるか?」、後者については「派手モードで出かけたい日に毎回自分でスプレーするの普通に面倒では?」と考えて、比較的メンテナンスやセットが楽そうなウィッグから試してみることにしました。

 身バレしたくないので画像は載せませんが、長さや色の違うものをいくつか購入してきました。

 

ウィッグ着用+前回のメイク

購入したウィッグを被り、前回の派手メイクと合わせてみました。

初めてなので、購入時にもらった説明書やネットの記事を熟読して頑張りました。

ちなみに私は髪が硬いのですが、頭に被るネットだけだと地毛がうまくまとまらなかったので、これからウィッグを使おうという髪硬さんがもしいたら「ヘアピンも用意しておけ」ということだけ伝えたいですね。

 

完成後、前回の反省を活かし眼鏡をかけた状態でも確認してみましたが、髪色とメイクが馴染んでかなり良い感じです。

今調べたところウィッグもヘアアイロンやコテで巻けるらしいのですが、巻いたらもっと強キャラに見えそう。

(※ウィッグが耐熱かどうかは商品によるらしいので、読者様の大切なウィッグを巻く際はお気を付けください。)

 

この見た目が実際に変な人を寄せ付けない効果があるのかどうかはしばらく生活してみないとわかりませんが、「陰気な妊婦が1人で電車に乗って出かけたら変な人に絡まれるのでは……」という不安は和らいだので、ひとまず作戦成功です。

 

あと、私は陰キャとしての自分が結構好きな一方で陽キャの華やかさに憧れてもいるので、こういう風にオシャレをするのは「陽キャになりきるコスプレ」みたいな感覚でかなり楽しいです。

まぁ「普通の見た目でもそうそう絡まれない」って言う人もいるし心配しすぎな気もしますが、楽しくて安心できるならやって損はないかと思います。

 

派手モードで生活してみた感想等も、またしばらくしたらまとめたいですね。

 

他にも「こうしたら絡まれなかったよ」とか「絡まれたけどこうやって撃退したよ」等の情報があればぜひ教えていただきたいです。

 

ではでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました