祖母?から荷物が届いた

こんにちは、おいしい針です。

さて、先日祖母を名乗る人物(たぶん虐待母)から荷物が送られてきたので、そのときのことを一応書いておこうと思います。

ただの日記なので、特に面白い話とかではないです。

届いた

さて、最近私はイマジナリーマザー作戦を実行し、嫌な記憶のトリガーに引っかかってしまってもなるべく虐待母のことは考えないように気を付けていました。

毒親育ちが理想のイマジナリーマザー考えた(前編) | 針うめぇ 〜アクティブ夫と陰キャ妻の家庭運営ブログ〜 (hariuma.net)

その効果が出ているのか、嫌なことをループして考えてしまうこともだんだんに減り、それなりに心穏やかに過ごしておりました。

そんなとき、届いたんですよね……ボロボロの段ボールが。

荷物の受け取りは夫がしてくれました。

インターホンが鳴ったとき、私は産後の安静期間だったこともあり普通にパジャマ姿だったので、夫がサッと出てくれました。めちゃくちゃありがたい。

ゆうパックで届いたのですが、送付伝票に書かれている差出人の名前は祖母(虐待母の母)。

内容物を書く欄には「野菜・菓子」と書かれていました。

ところで、私は以前(1年くらい前)祖母から電話がかかってきた際に、子供の頃の嫌な記憶がよみがえり体調を崩したことがあったんですよね。

祖母が何か嫌なことを言ってきたわけではないのですが、「私が子供の頃に親にされていたことは虐待だったな」とはっきり自覚した直後くらいの時期だったので、虐待母との記憶に深く結びついた祖母の声や話し方を聞くのが無理でした。

なので、「万が一祖父母から次に何か送られてきたら受け取り拒否をしたほうがいいかな。でも祖父母が何か悪いことをしたわけでもないのに、孫に拒否されたらショック受けちゃうかな」と、以前からぼんやり考えてはいたんですよね。

でも実際に何かが送られてくる予定があったわけではないので、自分の中での結論も出していなかったし、夫にその考えも共有していませんでした。

この荷物どうしよう

そういうわけでうちにボロボロの段ボールが届いたのですが、正直どうしようかと思いましたね。

調べてみたけど、一度受け取った荷物は未開封でも受け取り拒否扱いにはできないらしく(そりゃそうだ)、改めて配送伝票を書いて送り返すか、諦めて受け取るかの2択。

まぁでもせっかく祖父母が何か送ってきてくれたのに、送り返すのもどうなんだろう……。

この荷物なにかおかしい

そうして考えているうちに、「あれ、この荷物なんかおかしくない?」とふと気づいたんですよね。

祖父母は以前からたまに何かを送ってくれることがあったんですが、決まってギフト用のカタログから選んだような、しっかりした食品のセットなんですよね。

決して、こんなボロボロの段ボールに入った何かではなかった。

そのとき、ふと「こういう荷物を送ってくる人がいたな…?」と思い出しまして。

まぁ毒母なんですけど。

まだ実家と交流があった頃、私は両親の誕生日・母の日・父の日・お正月等に毎回デパ地下等のギフトを送っていました。

お返しは毎回特に無いのですが、1~2年に1回くらい、実家からこういうボロボロの段ボールが届いていたんですよね。

中身は、「旅行先のお土産」とか「スーパーで買いすぎた調味料や粉類」とか「買ってみたけど自分が着られなかった服」とか……。

しかも「旅行先のお土産」も、箱の状態じゃなくて箱から出た個包装の状態の物を1袋だけとかで入れてきますからね。

まぁ「娘に何かお返ししよう」という気持ちで送ってくれてたのかもしれないけど、大人同士でやり取りする品物としてはどうなんだ……。

普通に失礼じゃないのか……。

百歩譲って、「下宿しつつ大学に通う息子への仕送り」とかそういうシチュエーションだったらまぁわからなくもないけど、こっちは自立した大人なのでな?

送り返した

虐待母からの荷物だということがなんとなくわかってしまったので、「未開封のまま送り返す」という結論になりました。

恐らく、虐待母は祖父母から「これで孫(私)に野菜か何か送ってあげなさい」とお金(または野菜の現物)を預かったのではないでしょうか。

祖父母はたまにそういうことをしてくれるので。

それで野菜を家にあった適当な段ボールに入れて送ってきたのだと思います。

(中身を見ていないので、本当に野菜だったかどうかはよくわかりませんが……。)

一応、配送伝票には祖父母が送り主であると記載されているので、祖父母の住所宛てに送り返しました。

一応手紙も段ボールの上に張り付けておきました。

「せっかく送っていただいたが、私は忙しく満足にお礼ができず心苦しい。なので大変失礼なのは承知の上で、そのまま送り返す。今後も贈り物は遠慮したい。すまんな。体に気を付けて。」

文面はもう少し丁寧ですが、内容はおおむね上記のような感じです。

一件落着

まさか産後に急にボロボロの段ボールが送られてくるとは予想していなかったので、なんだかどっと疲れましたが、これでなんとか一件落着です。

さて、今回は本当にただの日記でしたが、お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました