毒母が友達の親に食事のお礼をしてくれない(前編)

こんにちは、おいしい針(名前)です。

 

今回は、以前の記事で「後日読み物として別記事にまとめます」と宣言した『母が私にご飯を食べさせてくれる人にお礼をしてくれない』話をします。

基本的にこのブログは「私の経験を共有することで誰かの役に立てばいいな」という気持ちで書いておりますが、今回の話はあまり実用性は無いので、暇つぶしの読み物でも思っていただければと思います。

オチは特に無いです。

 

概要

時期:私が中学生の頃の話です

舞台:田舎の町

登場人物:私、毒母、Aちゃん(私の友達)、Bちゃん(同じく私の友達)、Aちゃんのお母さん、Bちゃんのお母さん、ジャスコ(田舎の老若男女の憩いの場)

注意点:毒親系の話なので苦手な方はご注意ください

 

友達のお母さんが昼食をご馳走してくれる

私が中学生の頃、仲の良い友達が2人いました。仮にAちゃん、Bちゃんと呼びますね。

夏休み中もほぼ毎日3人で遊んでいました。

他の友達も交えて図書館に行ったり公民館に行ったりもしましたが、AちゃんかBちゃんの家で3人で遊ぶことが多かったです。

 

よく午前中から集まって遊んでいたのですが、お昼頃になるとお邪魔している家のお母さんが「買い物に行くからみんなで一緒に行こう」と、車で近くのジャスコ(現在のイオン)に連れて行ってくれることがしばしばありました。

Aちゃんのお母さんもBちゃんのお母さんも行き先はほぼジャスコ一択だったので、当時の田舎の主婦さんからのジャスコの支持率の高さすごいなと今改めて思いました。

近所にスーパーもあるのに毎回ジャスコだった理由に関しては、「夕飯の買い物に行きたいけど、娘とその友人だけ自宅に残して行くの心配だな。ジャスコならみんなで行けるし連れて行こう」と気を遣わせてしまっていた可能性もあるし、「よーし!娘とその友人を子供にも大人気のジャスコに連れて行ってあげよう!」と純粋な優しさだった可能性もあるし、いろんな可能性が考えられるけれど、本当はどうだったのかはわかりません。

どちらにせよ、友達のお母さんたちめちゃくちゃ優しいですね。

実際中学生の私は友達と一緒にジャスコの雑貨屋さんなんかを見て回ることがとても楽しかったです。

 

そしてジャスコに行くと友達のお母さんは生鮮食品売り場で買い物をし、我々子供は雑貨屋さんなどを見て過ごすのですが、その中のどこかのタイミングで友達のお母さんが「ご飯食べて行こう」と言い、ジャスコの中で食事をする流れになることが度々あったんですよね。

毎回フードコートではなくきちんとしたお店の中で食べていたんですが、なんとAちゃんのお母さんもBちゃんのお母さんも、私が気付くと全員分まとめて会計をしているじゃありませんか。

 

当然私は自分が食べた分の金額を渡そうとするけれど、「いいからいいから」と言っていつも受け取ってもらえません。

 

夏休み中はそんな感じのことが続き、3日に1回くらいのペースでAちゃんかBちゃんのお母さんにお昼をご馳走になってしまっていました。

ほとんどが外食でしたが「作ったから食べて」とおうちでご飯をご馳走になることもありました。

 

外食での食事1回あたり700円くらいだったので、数回重なると結構な金額だったと思います。

現在の私なら「いいから」と言われても強引に相手の財布にお金を捻じ込むくらいの図々しさがありますが、当時は大人にそう言われたらそれ以上強くは渡せなかったですね。

いまだにその頃のことを思い出し「もっと強くお金を渡せばよかった」と後悔しています。

 

母にお礼をするようお願いする

母の機嫌がいい日には「今日はAちゃんのお母さんにご飯を奢ってもらった」「今日はBちゃんの家でご飯を食べさせてもらった」と報告していましたが、母が何かお礼をしている様子はありませんでした。

そうこうしているうちに、ご馳走になった回数とその累計金額がどんどん膨らみ、さすがに申し訳なさが限界だった私は母にお願いしました。

 

「いつもAちゃんやBちゃんのお母さんにご飯を食べさせてもらっている。うちだけ何もしないのは申し訳ないから、AちゃんとBちゃんを連れてご飯を食べに行くとか、どちらかの家で遊んでいるときに食事を届けるとか、何かしてほしい」という内容のことを伝えました。

(私の自宅は基本的に散らかっていて、うちに友達を呼ぶことはできないとわかっていたのでこういうお願いになった。)

 

母は了承してくれたので、私は安心してその翌日(だったと思う)もBちゃんの家に遊びに行きました。

もし母が何もしてくれないようだったら、これ以上ご飯をご馳走になってしまわないようにその友人2人と遊ぶ場所を変えるとか遊ぶ時間帯を変えるとか何か対処を考えないといけないなぁと思っていたので、かなりホッとしたのを覚えています。

 

後編に続く

ジャスコの話をしすぎて長くなってしまったので、2回に分けますね。

 

後編にはジャスコは出てきませんが『ほっかほっ〇亭』の話が長くなってしまう予定です。

ほっかほっ〇亭(現在のほっともっと)美味しいですよね。私は唐揚げが好きです。

 

ではでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました